世界天文年2009マスコットキャラクター「ガリレオくんと仲間たち」が、みなさんを星空と天文学の世界へご案内します!

第10回 「わしも気分は勇者オリオンなのじゃ!?」の巻

2008年11月16日号

第10回

観測ガイド

オリオン座撮影・提供:福島英雄(国立天文台

 秋から冬へと季節が巡るこの時期、東の星空にはきらびやかな冬の星座たちがつぎつぎと姿を現すぞ。とりわけ目立つのがオリオン座じゃ。四辺形を作る4個の星と中央部の三ツ星の並びはとてもバランスがよく、星座の形が一目でわかる。その見つけやすさも手伝って、もっとも名の知れた星座のひとつじゃな。
 四辺形の対角に2つの1等星が輝いておる。オリオンの星座絵の右肩に輝くのがベテルギウス、左足に輝くのがリゲルじゃ。ふたつの1等星の色に注目してみよ。リゲルの青白い輝きに対して、ベテルギウスが赤みがかった光を放っておるのがわかるかな。
 さて、三ツ星の下に、まとまりのよい三つの星の並びが見える。ちょうど三ツ星を小さくしたようなイメージなので、小三ツ星とよばれておる。その真中の星に注目すると、ボヤーッと白い雲が広がったような天体であることがわかる。これがオリオン大星雲じゃ。双眼鏡や低倍率の望遠鏡で見ると、鳥が翼を広げて飛んでいるような、みこどな星雲の姿が見えてくるじゃろう。

 
 

ガリレオガイド―オリオン座のスケッチ

スケッチガリレオのスケッチ(ガリレオ・ガリレイ『星界の報告 他一篇』(岩波書店)
上部の3つの二重線の星が三ツ星。小三ツ星など(左下の星群)は、オリオンの星座絵の剣の部分にあたる6つの星の一部として紹介されています。

 ガリレオもオリオン座に望遠鏡を向けて三ツ星や小三ツ星のほか、新しく発見した数多くの暗い星の位置や明るさをスケッチし、著書『星界の報告』の中で紹介しています。
 ガリレオは述べています。
 「はじめはオリオン座全体を描くつもりだった。ところが、星の数があまりに多いのと時間の制約とのために、この企てはつぎの機会に見送ることにした。実際、既知の星のまわり1、2度の範囲内に、500以上の星が散在している。だから、昔から記録されている帯の3つの星、剣の6つの星に、最近発見された、それに隣接する80の星をつけ加えた。そして、その間隔もできる限り正確に描こうとつとめた。なお、すでに記録され昔から知られている星は、大きく二重の線で描いた。それにたいし、他の肉眼にみえない星は、小さく一重の線で記して区別した。そして、できるだけ等級の別をも記述した。」(岩波書店『星界の報告』)。
 ここでは、オリオン大星雲(M42)についての記述はなく、微光星の集まりとして報告されています。

 
 
 
 
 

天文解説 ―オリオン大星雲

オリオン大星雲撮影・提供:福島英雄(国立天文台
(左)天空でみごとな翼を広げる鳥の姿を連想させます/(右)中央に輝く4個の明るい星がトラペジウムです

 オリオン大星雲は、巨大なガスのかたまりで、多くの星が生まれている場所です。その中心部を高倍率の望遠鏡で観察すると、「トラペジウム」と名づけられた4個の明るい星が見つかります。トラペジウムは生まれて間もない高温の星で、強い紫外線を放射し、まわりのガスを輝かせています。これが白雲のように光って見えるのです。ガスの中には、生まれつつある星たちがたくさん観測されています。このような場所を星形成領域といい、星の誕生と進化を研究する上でとても重要な観測対象となっています。
 オリオン大星雲の別名は、M42。メシエカタログ42番の天体です。鳥が翼を広げたようなイメージがみごとですが、鳥の頭の部分はメシエカタログではM43と別天体になっています。

 
 

制作/世界天文年2009「ガリレオくんと仲間たち」制作ユニット+藤井龍二(まんが)

 

previous index next

 

12月の星空

ガリレオくんと仲間たちイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストは、木星のまわりを回る大きな4個の衛星のなまえです。ガリレオが望遠鏡で発見したことから「ガリレオ衛星」とも呼ばれています。木星の周りをめぐる衛星の発見は、地動説を支持する有力な証拠のひとつとなりました。

 寒さが一段と厳しくなる12月。でも、漆黒の冬の夜空にはきらめく星がたくさん輝いています。たくさんの1等星が見られるこの季節、ぜひ星空をながめてみましょう。もちろん、暖かな服装で外に出ることをお忘れなく。次のサイトを参考にして、冬の星座めぐりをたのしんでみましょう。

  • 国立天文台 ほしぞら情報
    毎月の天文現象、月・惑星の情報、トピックスが紹介されています。
  • 国立天文台 暦計算室 今日のこよみ・今日のほしぞら
    毎日の日の出・日の入り時刻、月の出・月の入りの時刻や月齢、毎日の月や惑星の位置を調べるのに便利です。
  • アストロアーツ 星空ガイド
    毎月の月・惑星の情報、注目の天文現象のほか、話題の天文現象を解説する「特集」があります。
  • Feelニコン 星空案内
    毎月の星空の案内、天文カレンダーのほか、今月の星さがし、今月の星座などのトピックスを掲載。
 
 

 このページのトップへ戻る

利用規約お問い合わせ