全国どこでも世界天文年!プラネタリウムへ行こう

この企画は2009年末をもって終了します。「プラネタリウムへ行こう!」と呼びかける日本プラネタリウム協議会(JPA)の広報活動は2010年以降も継続します。
以下、2009年に掲載した情報です。


JPA制作の「プラネタリウムへ行こう!」ポスター
(画像提供/日本プラネタリウム協議会(JPA))
JPAポスター

みなさんは最近、星を見ましたか?「家の回りではあんまり星は見えないよ」という方も多いかもしれませんね。でも、晴れた日に夜空を見上げてみると、あっちにキラリ、こっちにキラリと光る星を見つけられるでしょう。それでも星が見えない、あるいは見えている星が何か知りたい、そんな時はお近くのプラネタリウムに出かけてみてはいかがでしょうか?

プラネタリウムは宇宙へのトビラです。世界天文年2009は「一人ひとりが夜空を見上げて、宇宙、地球そして人間に思いをはせる」ことを目的としています。これは実はプラネタリウムがいつもみなさんに伝えたいと思っていることそのものなのです。

日本にはおよそ300館のプラネタリウムがあり、年間600万人の方が観覧されています。2009年には全国のプラネタリウム館が共同でキャンペーンをはります。その名も「全国どこでも天文年〜プラネタリウムへ行こう!〜」です。星のこと、ガリレオのこと、望遠鏡のこと、どこのプラネタリウムに行っても、世界天文年に関係するプラネタリウムや展示、イベントをしているはずです。

私たちの地球も宇宙に浮かぶ星の一つです。人間は宇宙の中に住んでいます。私たち一人ひとりが地球人であり、宇宙人なのです。ガリレオは望遠鏡という道具を使って、宇宙へのトビラを開けました。全国のプラネタリウムがみなさんにとっての“望遠鏡”となります。さあ、プラネタリウムへ出かけて、今度はあなた自身で宇宙へのトビラを開けてください。


関連リンク

link日本プラネタリウム協議会(JPA) - 世界天文年2009 JPAサイト(ポスターのPDFあり)