公認書籍とは

書店での展開は星空ブックフェアのページをご覧ください。

世界天文年2009日本委員会公認書籍

ロゴマーク マーク

質の高い多くの書籍・出版物を、IYA2009日本委員会の「公認」とすることで、世界天文年2009のロゴマークや、星空ブックフェア用の「共通」ステッカーを書籍に貼付、あるいは帯などに刷り込んでもらうことによって、版元が違っていても「統一感」を醸し出し、読者の購入・利用の便を図ろうとするものです。

公認に関しては、世界天文年2009の趣旨に則る限り、天文・宇宙科学を中心としつつ、しかし必ずしも自然科学分野に限らず、広範なジャンルを網羅する予定です(ただし、似非科学的あるいは公序良俗に反するなどの内容面で不適切なものは除きます)。こういった書籍にたいして広く認定を行うことにより、書籍文化の中に広がる宇宙を発見する楽しみも読者に提供しようと考えています。

公認書籍の募集は、2009年9月30日(水) にて終了いたしました。

公認書籍をご紹介する「星空ブックフェア オンライン」

公認書籍をご紹介し、天文・宇宙の本の魅力をお伝えするウェブコンテンツ「星空ブックフェア オンライン」を近日公開いたします。

 

著者、出版社・編集者の皆さまへ

公認書籍の選定

公認書籍の選定は、原則として、著者または出版社から公認のための申請を行っていただき、IYA2009日本委員会・企画委員会が、必要に応じて日本天文学会教育委員会の助言を得ながら、認定審査を行います。数年前までに出版された過去の出版物でも、2009年中頃までの出版予定のものも対象となります (公認書籍の募集は、2009年9月30日(水) にて終了いたしました)。

公認書籍・出版物の募集について

 

公認書籍はブックフェアへ

多くの公認書籍が集まれば、出版元はもちろん、流通販売の協力のもと、あるいはチェーン展開する書店の協力により、多くの書店に「特設スペース」を設けてもらえる可能性が高くなります。委員会では、2009年の特定の期間だけでも、この店頭の「特設スペース」に多くの公認書籍が並ぶことを目指しています。

2008年末から先行して始まった「世界天文年2009プレ企画 星空ブックプレフェア」も実施中です。ぜひご協力をよろしくお願いします。