バックナンバー

世界天文年2009メルマガ「年末も世界天文年」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      世界天文年2009メールマガジン(2009年12月22日配信)

           http://www.astronomy2009.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇世界天文年の情報をお届けするメールマガジンです。
◇このメールは等幅フォントでお楽しみください。

.:*o☆ 野口聡一さん、宇宙長期滞在へ! ☆*:・

-----------------------------------
目次
■まだ間に合う!金星にメッセージを届けよう
■何人まで届くか!?「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」
■星にまつわるエトセトラ
■世界天文年記念列車、12月28日まで
■あとがき
■読者プレゼント企画第20弾
-----------------------------------

■まだ間に合う!金星にメッセージを届けよう

2010年度に打ち上げられる予定の日本の金星探査機「あかつき」に載せる
メッセージを募集している「お届けします!あなたのメッセージ、暁(あ
かつき)の金星へ 〜「あかつき」メッセージキャンペーン〜」には、た
くさんのご応募をいただきました。ありがとうございます。多数の個人の
方からの応募のほか、学校や科学館での寄せ書きなど、団体からのメッセ
ージもも寄せられています。

「まだメッセージを送っていなかった!」という方に、朗報です。
当キャンペーンは、さらに多くの皆様の思いを金星に届けるため、募集期間
を当初の予定よりも2週間延長し、2010年1月10日(日)まで応募可能となり
ました。今すぐ、そして、お正月休みの機会にでも、ぜひご応募ください!
名前だけの応募も可能です。

▽お届けします!あなたのメッセージ、暁(あかつき)の金星へ
  http://www.astronomy2009.jp/ja/page_navi/venus.html

▽あかつきメッセージキャンペーン(JAXAのウェブサイト内)
  http://www.jaxa.jp/event/akatsuki/index_j.html
  名前、メッセージを送信すると「参加証明書」が発行されます。

▽金星探査機 あかつき(JAXAのウェブサイト内)
  http://www.stp.isas.jaxa.jp/venus/index.html
  「広報・教育用素材」には動画やペーパークラフトもあります。
  http://www.jaxa.jp/projects/sat/planet_c/index_j.html
  プロジェクトトピックス、プレスリリースなどを読むことができます。


■何人まで届くか!?「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」

世界天文年、星を見た報告は12月22日現在、666万6273人に達しました。
目標として掲げた1000万人の3分の2である666万6667人まで、あと少し。
そして2009年のうちにいったい何人まで届くのか、注目が集まっています。
星を見たら、見せたら、その思いを共有しましょう。人数はまだまだ増え
るはず。報告をよろしくお願いします。

そして、「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」実行委員会では、
ガリレオ・ガリレイの肖像画を、皆様から寄せられたスナップ写真を並
べて構成しようという企画を進めています。世界天文年2009フォトモザイ
ク製作の素材となる画像を1月10日(日)まで募集中です。

▽めざせ1000万人!みんなで星を見よう!
  http://star2009.jp/

▽世界天文年フォトモザイクポスター製作協力のお願い
  http://star2009.jp/mosaic/


■星にまつわるエトセトラ

世界天文年2009のイメージソング提供でおなじみのMISIA。
ライヴスケジュールが掲載されているウェブサイト「星空のライヴV」に、
「星空のメッセージ」というコンテンツがあります。

ここでは、ライヴの参加者から寄せられたメッセージを閲覧できるように
なっています。そして、メッセージのひとつひとつに、夜空の星の名前が
付けられています。それはまるで、全国どこにいても、同じ星空を共有で
きるかのように、メッセージを共有できるウェブコンテンツになっている
のです。

この「星空のメッセージ」には、ライヴ開催地にほど近いプラネタリウム
解説者からのメッセージも読むことができるようになっています。
「星にまつわるエトセトラ」というメニューの中で、星空や宇宙にまつわ
るお話が、解説者自らの言葉で語られています。ぜひご覧ください。

MISIAのライヴで星空を感じたら、ぜひお近くのプラネタリウムにも足を
運んでみませんか。そのプラネタリウムの解説者が「星にまつわるエトセ
トラ」に登場した解説者本人、かもしれません。

▽星空のメッセージ
  協力:日本プラネタリウム協議会、(株)アストロアーツ、ほか
  http://misia.ocn.ne.jp/hoshizora5/message/

▽MISIA 星空のライヴ V(OCN presents)
  http://misia.ocn.ne.jp/hoshizora5/


■世界天文年記念列車、12月28日まで

さる7月6日に配信したメルマガで、岡山に走る井原線の世界天文年記念列
車のことをご紹介しました。その運行期間は12月28日(月)まで。いよい
よ、お別れのときが近づいてきました。

Web連載まんが「ガリレオくんと仲間たち」でも記念列車のことを詳しく
ご紹介しています。鉄道が熱狂的に好きな方にも必見のレポートあり。

▽Web連載まんが「ガリレオくんと仲間たち」特別編
  最終近し!「井原鉄道記念列車『世界天文年2009号』に乗って
  宇宙を旅するのじゃ」の巻
  http://www.astronomy2009.jp/ja/webproject/spgali/galinakasp_02.html

▽井原線で世界天文年記念列車運行中(美星天文台のウェブサイト内)
  http://www.bao.go.jp/event/2009/ibarasen/index.html

▽井原線のホームページ(井原鉄道株式会社)
  http://www.harenet.ne.jp/ibarasen/index.html


★あとがき★

先日、とある街角観望会では、サンタクロース(を装った人)の集団が
天体望遠鏡を覗いていきました。
本当に寒いですが、本当に星空がきれいです。
そしてたくさんの人と一緒に星を見ると、本当に心が温まります。

メルマガ編集部は、皆様からのうれしい反響や、
プレゼント応募に添えられたひとことに励まされたりしながら、
不定期ではありますが、発行を続けてまいりました。
たぶん、これで、年内最後の配信です。
本年はご愛読ありがとうございました。

2009年、世界天文年は終わりますが、いくつかの取り組みについては
2010年にかけて行われたり、後継の企画に引き継がれたりします。
世界天文年とその先の話題をお届けするため、
メルマガ発行は、来年もしばらくは、続けます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆
★世界天文年2009メルマガ 読者プレゼント企画第20弾★
  協力:株式会社ビクセン
  http://www.vixen.co.jp/

世界天文年に創業60周年を迎えた日本の総合光学機器メーカー、
株式会社ビクセンより、2010年の天文現象がわかる
「2010年ビクセンオリジナルカレンダー」を抽選で5名様にプレゼント!

応募締切:2009年12月24日(木)  ※終了しました
応募方法:メールの件名(タイトル)を
     「ビクセンカレンダー」とし、
メール本文に、
  □応募者氏名
  □郵便番号
  □住所
  □Eメールアドレス
  □世界天文年をふりかえって、ひとこと
   ※「ひとこと」は何らかの形でご紹介する場合があります。
    (お名前は公表しません)

をご記入の上、下記アドレス宛にお送りください。
応募先  :mm-present@NO!!SPAM!!astronomy2009.jp (NO!!SPAM!!を削除)

当選発表は発送をもって代えさせていただきます。
発送は12月25日(金)の予定です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆


==============================================================
[発行]世界天文年2009日本委員会事務局 メルマガ編集部

▽お問合せはこちらから
http://www.astronomy2009.jp/ja/form/inquiry.html

このメールは、「世界天文年2009メールマガジン」を登録された方に
配信専用のシステムでお送りしております。
ご返信いただいてもお答えいたしかねますのでご了承ください。
不定期発行です。

配信先メールアドレスを変更されたい方は、
いったん登録解除してから再度登録してください。
▽メールマガジン
http://www.astronomy2009.jp/ja/mailmagazine.html
▽登録解除フォーム
http://www.astronomy2009.jp/ja/mm/mm-unsub.html