バックナンバー

世界天文年2009メルマガ「日食観察による目の障害、速報」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      世界天文年2009メールマガジン(2009年9月15日配信)

           http://www.astronomy2009.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇世界天文年の情報をお届けするメールマガジンです。
◇このメールは等幅フォントでお楽しみください。

-----------------------------------
目次
■「ほしのうた☆コンサート」報告&中止のお知らせとお詫び
■日食観察による障害発生事例調査 速報
■注目の公認イベント 東京国際科学フェスティバル
■あとがき
■読者プレゼント企画第14弾
-----------------------------------

■「ほしのうた☆コンサート」報告&中止のお知らせとお詫び

前号でご紹介した「ほしのうた☆コンサート」は、9月12日(土)に山梨
県立科学館で開催され、多くの感動の声を残して終了しました。

メルマガ読者を抽選でご招待する9月16日の東京でのコンサートは残念な
がら都合により中止となりました。お出かけを予定されていた方はご注意
ください。


山梨県立科学館からの報告

「プラネタリウムと音楽、本当に感動的でした」「今度は一緒に歌いたい
です」「言葉と音と星のまたたきが、まさに物語のようでした。またぜひ
開いてください」「ほしのうた、つい口ずさみたくなります」などなど、
山梨県立科学館における「ほしのうた☆コンサート」は、多くの感動の声
を残して終了しました。「ほしのうた」、ほんとうに「つい星をみあげた
くなる」歌です。一人でも多くの人に歌ってもらうことを願っています。


▲▽▲▽▲ 9月16日のコンサート中止のお知らせとお詫び ▽▲▽▲

このメルマガの9月11日号で告知させていただきました東京・池袋のプラ
ネタリウム“満天”で予定されていた「ほしのうた☆コンサート feat.
池城淑子」ですが、主催者都合により中止させていただくこととなりまし
た。代替策をいろいろ講じましたがやむなくの決断となりまして、ご興味
を持っていただいた方々には大変申し訳ございません。
なおすでにチケットをお求めの方は払い戻しをいたしますので、お手数で
すが返金先銀行口座(銀行名・支店名・普通/当座の別・口座番号・口座
名義)をお書き添えの上、下記宛にご連絡くださいますようお願い申し上
げます。

払い戻しの連絡先: info@NO!!SPAM!!kagaku-no-tobira.com (NO!!SPAM!!を削除)
担当:小林

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

▽みんなでつくろう・みんなでうたおう☆ほしのうた
  http://hoshinouta.livedoor.biz/


■日食観察による障害発生事例調査 速報

前の号でご案内した「日食観察による目への障害等発生に関する調査」の
速報です。

9月13日現在、12件の事例報告をいただいています。主に、裸眼あるいは
安全性が確認されていない用具を用いて太陽を数十秒間見たり、日食用の
フィルターを付けたカメラのファインダーを数分〜10分程度のぞき込ん
だりしていたものです。症状は、「目の奥が熱く感じた」、「目の奥に違
和感がある」等が多く、症状は、当日だけのものから現在でも続いている
方もいらっしゃいます。

引き続き、以下のとおり調査を継続します。どんな小さなことでも結構で
す。ご協力をお願いいたします。

▽日食観察による目への障害等発生に関する調査
  (天文教育普及研究会による日食情報ページ)
  http://tenkyo.net/iya/eclipse/eclipse_index.html

▽回答フォーム
  http://www.astronomy2009.jp/ja/form/se_enq.html


■注目の公認イベント 東京国際科学フェスティバル

9月12日(土)〜27日(日)までの16日間、東京国際科学フェスティバル
(略称:TISF)が、三鷹を中心とした東京都内全域で開催中です。第1回
となる今回のテーマは、世界天文年2009を記念して、「宇宙・生命・地球
そしてわたしたち」です。「地域の絆を世界の絆に」をモットーに、期間
中はさまざまな科学イベントが行われています。このフェスティバルは、
世界天文年2009日本委員会の公認イベントになっています。

TISFのインフォメーションセンターが設置されている三鷹ネットワーク大
学では、世界天文年2009の世界企画である「地球から宇宙へ」の写真展が
開催されています。JR三鷹駅周辺の商店街をエリアとした企画「みたか太
陽系ウォーク」に合わせて、太陽系天体を紹介するした写真展となってい
て、必見です。

皆さんもこの期間、フェスティバルに参加してみませんか。そして、大い
に科学を楽しみ、その楽しさを友だちや家族と語り合ってみてはいかがで
しょうか。

▽第1回東京国際科学フェスティバル(TISF)
   http://tokyo.sci-fest.net/

▽写真展「地球から宇宙へ」
  http://www.astronomy2009.jp/ja/project/fettu/index.html


★あとがき★

夜が長く感じられ、暑くもなく、寒くもなく、星見には快適なこの季節。
昼間寝て、夜起きる、そんなシルバーウィークを過ごそうかと計画中。

連休中にはまぶしい月明かりもなく、夕方には夏の星座をまだまだ楽しめ、
夜半まで木星が輝きを放ち、明け方には冬の星座でにぎわいます。
さらにオレンジ色の火星と、明けの明星・金星も見えてきます!

無理せず、のんびり、秋の夜長に晴れたら星見、曇ったら読書と
いきたいものです。もちろん秋の味覚も楽しみながら…


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆
★世界天文年2009メルマガ 読者プレゼント企画第14弾★
  協力:石坂千春(日本プラネタリウム協議会/大阪市立科学館)

石坂千春・著 ファーストブック『宇宙がわかる』(技術評論社)
を3名様にプレゼント!

世界天文年2009日本委員会企画委員である石坂千春氏の著書、
ファーストブック『宇宙がわかる 星空が好きなあなたのための、
この宇宙と私たちを知る宇宙論入門』(技術評論社)を、
抽選で3名様にプレゼントいたします。

星空の身近な話題から最新の宇宙論まで、わかりやすくおもしろいと
評判の気軽な宇宙の入門書です。宇宙に興味はあっても、いままで
学んだことがないという大人の方に読み解いてもらいたい、との願い
から執筆され今年春に出版されました。もちろん、世界天文年2009
日本委員会公認書籍です!

▽(参考)書籍の紹介(宙読み書房 天文学&宇宙論の本棚)
http://www.astronomy2009.jp/cgi-bin/books/books.cgi?BOOKID=072

応募締切:9月17日(木)  ※終了しました
応募方法:メールの件名(タイトル)を「宇宙がわかる」とし、
メール本文に、
  □応募者氏名
  □郵便番号
  □住所
  □Eメールアドレス
をご記入の上、下記アドレス宛にお送りください。
応募先  :mm-present@NO!!SPAM!!astronomy2009.jp (NO!!SPAM!!を削除)

当選発表は発送をもって代えさせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆


==============================================================
[発行]世界天文年2009日本委員会事務局 メルマガ編集部

▽お問合せはこちらから
http://www.astronomy2009.jp/ja/form/inquiry.html

このメールは、「世界天文年2009メールマガジン」を登録された方に
配信専用のシステムでお送りしております。
ご返信いただいてもお答えいたしかねますのでご了承ください。
不定期発行です。

配信先メールアドレスを変更されたい方は、
いったん登録解除してから再度登録してください。
▽メールマガジン
http://www.astronomy2009.jp/ja/mailmagazine.html
▽登録解除フォーム
http://www.astronomy2009.jp/ja/mm/mm-unsub.html