バックナンバー

世界天文年2009メルマガ「宙読み(ソラヨミ)書房オープン!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       世界天文年2009メールマガジン(2009年6月26日配信)

           http://www.astronomy2009.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇世界天文年の情報をお届けするメールマガジンです。
◇このメールは等幅フォントでお楽しみください。

-----------------------------------
目次
■本の魅力をご紹介「宙読み(ソラヨミ)書房」オープン!
■ここに注目!巡回企画展の見どころ案内 〔第3回〕
■世界天文年セレクション受賞商品「書けるわくわく星座図」
■あとがき
■読者プレゼント企画第8弾
-----------------------------------

 

■本の魅力をご紹介「宙読み(ソラヨミ)書房」オープン!

お待たせしました。世界天文年のウェブサイトに星空ブックフェアオンライ
ン「宙読み(ソラヨミ)書房」がグランドオープンしました。

星空ブックフェアは、全国の書店の天文書コーナーをもっと元気にしたいと
いう思いからスタートしました。そこで日本天文学会の助言を得て「世界天
文年2009日本委員会公認書籍」を選定し、それをお神輿にすることで天文書
コーナー全体を賑わせて、書店の“本棚の星祭り”をめざしたものです。

幸いにして、取次会社や書店の幅広いご協力を得て、昨年末のプレフェア以
来、参加店が続々と増えています。この夏には全国の1000店近い書店で星空
ブックフェアが開催される予定です。「宙読み(ソラヨミ)書房」は、その
お祭りを楽しむための総合案内サイトです。

図書館の雰囲気をイメージして、本棚から公認書籍の情報を引き出すことが
できます。さらに、おすすめ本のコーナーやフェア開催書店の一覧リスト、
報告記事など、さまざまなサービスがあります。

また、全国の図書館から自主的な星空ブックフェアの開催希望や報告なども
寄せられ、“本棚の星祭り”は、予想外の広がりをもちはじめています。そ
こで「宙読み書房」では、書店開催ブックフェアの情報サイトに留まらず、
広く天文書籍そのものの魅力を発信し、書籍に関わるたくさんの人たちが集
えるような広場をめざして、これから内容を充実させていく予定です。

本棚の星々から地上の星座、そして本物の星空世界を縦横に行き来しなが
ら、星と本が織りなす奥深い“宙読みの宇宙”を、どうぞお楽しみください。

▽星空ブックフェアオンライン「宙読み(ソラヨミ)」
http://www.astronomy2009.jp/ja/bookfair/index.html

▽星空ブックフェア
http://www.astronomy2009.jp/ja/project/bookfair/index.html

 

■ここに注目!巡回企画展の見どころ案内 〔第3回〕

国立科学博物館(東京・上野)にて開催中の、世界天文年と日本天文学会の
創立100周年を記念した巡回企画展「ガリレオの天体観測から400年 宇宙の
謎を解き明かす」。その見どころをご紹介するシリーズの第3回です。

この企画展の大きなテーマのひとつは天体望遠鏡の歴史です。ガリレオ自作
の望遠鏡から400年、より遠くの宇宙を見る望遠鏡、より正確に天体をとら
える望遠鏡が考案され、人類の宇宙への果てなき探求心を支えてきました。
企画展でもさまざまな望遠鏡を模型だけでなく実物も含めて紹介していま
す。見どころは、次の2つの実物望遠鏡の展示です。

ひとつは、水沢臨時緯度観測所の初代所長・木村栄が国際緯度観測に使用
し、z項発見などの業績をもたらした「眼視天頂儀」の第1号機です。ふだ
んは奥州市立図書館に展示されているものをこの企画展のために出展いただ
いています。

もうひとつは、1924年から1955年まで、東京都三鷹市の東京天文台(現国立
天文台)で日本中央標準時決定のための観測に使用された「バンベルヒ子午
儀」です。連合子午儀室に納められていましたが、現在この建物は取り壊さ
れ、跡地に石碑がひっそりと残るだけです。

現在活躍中の望遠鏡の実物展示はできないため、すばる望遠鏡をはじめ、
岡山天体物理観測所の188cm望遠鏡、野辺山宇宙電波観測所の45m電波望遠鏡
などは模型を展示しています。

この機会に、日本の天文観測の歴史を語る2つの実物望遠鏡をご覧くださ
い。望遠鏡としてだけでなく、精巧な道具としての機能美が感じられる逸品
です。

▽企画展 ガリレオの天体観測から400年 宇宙の謎を解き明かす
(国立科学博物館)
http://www.kahaku.go.jp/event/2009/05astronomy/index.html
※観覧には入館料が必要です
(一般・大学生600円、高校生以下無料)

▽巡回企画展
http://www.astronomy2009.jp/ja/project/exhibition/index.html

 

■世界天文年セレクション受賞商品「書けるわくわく星座図」

天文・宇宙の理解に役立つ商品をご紹介している世界天文年セレクション。
当メルマガでもその中から注目の商品について取り上げていきます。
今回は、エンターテインメント部門でラーニング賞を受賞した、株式会社デ
ビカの「書けるわくわく星座図」をご紹介しましょう。

この星座図、星・星座線・星座絵などが描かれており、蓄光プリントになっ
ているので部屋を暗くすると星が光ります。部屋の壁などに貼って星座の形
や配列を覚えるのに最適です。

そしてさらにおもしろいのは、その商品名のとおり「書ける」こと。表面つ
やつやのポロプロピレンでできており、付属のマーカーを使って星座図に書
き込みができるのです。きょう見えた星に印をつけたり、暗い部屋で星をつ
なぐ練習をしたり…もちろんホワイトボードのように使って星座のことを人
に説明するのにも大いに役立つことでしょう。消すのも簡単。ティッシュで
さっと拭くだけです。さらに星座図だけではなく、星空の解説も盛り込まれ
ています。北極星の見つけ方や、その練習に最適な北天の図までついている
という充実ぶり。

日本から見える星座をぜ〜んぶ覚えるまで、室内の手が届く場所、夜には暗
くできるところに貼っておくといいかもしれませんね。雨の季節に星座を覚
えるアイテムとしても、おひとついかが?

▽世界天文年セレクション - エンターテインメント部門
「書けるわくわく星座図」
http://www.astronomy2009.jp/ja/products/iya_selection/013debika_kakeru/accept.html

▽(参考)「光るわくわく星座図」
書けるタイプとは別の商品で、こちらはサイズがやや大きめ。
世界天文年セレクション応募商品となっています。
http://www.astronomy2009.jp/ja/products/iya_selection/012debika_hikaru/accept.html

 

★あとがき★

書店、好きです。大きめの本屋さんには、つい長居してしまいます。
本屋さんに行くのは、めあての本を買いにいくためだけではありません。
おもしろい新刊が出ていないかと探したり、予想もしない本との出会いを
楽しめるのです。ふと、忘れていたことを思い出したり、新しいアイデア
がパッとひらめいたりするものです。
本探し、それはまるで、自分の内なる宇宙をめぐる旅のよう。
「宙読み書房」で気になる本、ほしい本を見つけたら、本の宇宙が広がって
いる星空ブックフェア開催書店へお出かけください。
私の場合、本屋さんに行くとつい、荷物が重く、財布が軽くなりますが…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆
★世界天文年2009メルマガ 読者プレゼント企画第8弾★
   協力:株式会社デビカ

「書けるわくわく星座図」3名様
「光るわくわく星座図」5名様
にプレゼント!

世界天文年セレクションのエンターテインメント部門で「ラーニング賞」に
輝いた「書けるわくわく星座図」。もしくは同社の応募商品「光るわくわく
星座図」を、抽選で合計8名様にプレゼントいたします。

応募締切:6月29日(月) ※終了しました
応募方法:メールの件名(タイトル)を「プレゼント星座図」とし、

メール本文に、
      □応募者氏名
      □郵便番号
      □住所
      □Eメールアドレス
      をご記入の上、下記アドレス宛にお送りください。
応募先 :mm-present@NO!!SPAM!!astronomy2009.jp (NO!!SPAM!!を削除)

当選発表は発送をもって代えさせていただきます。
(「書けるわくわく星座図」「光るわくわく星座図」のどちらが当たるかは
お楽しみに。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆

==============================================================
[発行]世界天文年2009日本委員会事務局 メルマガ編集部

▽お問合せはこちらから
http://www.astronomy2009.jp/ja/form/inquiry.html

このメールは、「世界天文年2009メールマガジン」を登録された方に
配信専用のシステムでお送りしております。
ご返信いただいてもお答えいたしかねますのでご了承ください。
不定期発行です。

配信先メールアドレスを変更されたい方は、
いったん登録解除してから再度登録してください。
▽メールマガジン
http://www.astronomy2009.jp/ja/mailmagazine.html
▽登録解除フォーム
http://www.astronomy2009.jp/ja/mm/mm-unsub.html