バックナンバー

世界天文年2009メルマガ「世界天文年セレクション」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       世界天文年2009メールマガジン(2009年5月15日配信)

           http://www.astronomy2009.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇世界天文年の情報をお届けするメールマガジンです。
◇このメールは等幅フォントでお楽しみください。

-----------------------------------
目次
■商品がずらり勢ぞろい「世界天文年セレクション」
■「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」100万人を突破しました
■木星と海王星が大接近中
■注目のイベント紹介「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」
■あとがき
■読者プレゼント企画第5弾
-----------------------------------

■商品がずらり勢ぞろい「世界天文年セレクション」

ガリレオが望遠鏡で天体観測を始めてから400年。世界天文年をきっかけに
天体観測を始めてみてはいかがでしょうか。

天体望遠鏡をはじめとする、天文・宇宙の理解に役立つ商品を国内各社から
募集してご紹介しているのが「世界天文年セレクション」という企画です。
ウェブページでたくさんの応募商品をご紹介しています。

「どんな望遠鏡を買ったらいいの?」と思ったときは、ぜひ参考にしてくだ
さい。望遠鏡のほかにも、さまざまなグッズを紹介しています。お気に入り
のアイテムを手に入れて、宇宙への扉を開いてください。

それらの中から「世界天文年セレクション受賞商品」が決定しました。
購入する際の参考になる情報も、順次公開していきます。

▽世界天文年セレクション
http://www.astronomy2009.jp/ja/products/iya_selection/index.html

 

■「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」100万人を突破しました

みんなで星を見上げている…そんな想いが全国で広がっています。

「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」実行委員会では、全国の個人・
団体から、星を見たらその報告を寄せていただき、随時集計を行っていま
す。このたび2009年2月までの追加報告ぶんを加えて人数を再集計したとこ
ろ、合計で100万人を超えていることがわかりました。

これも報告していただいた皆さんのおかげです!
実行委員会一同、喜んでおります。

目標の1000万人めざして、やっと1合目に到達です。今後は7月22日の日食
もありますし、学校の夏休み期間にプラネタリウムなど天文関連施設を利用
する人数もぐっと増えることも見込まれます。こうした盛り上がりととも
に、「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」の報告数も伸びるものと期
待しています。

報告はパソコンまたは携帯電話でもOK!
これからも、星を見たらその報告をお願いします。

▽「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」
http://star2009.jp/

 

■木星と海王星が大接近中

望遠鏡がないと見えない惑星があります。海王星です。
いま、明け方に昇ってきます。肉眼では暗すぎて見えません。

いま、そのすぐ近くに木星が輝いています。木星と海王星の接近です。
5月下旬は、望遠鏡で同じ視野にとらえられるほどに接近します。その角度
は満月の幅よりも小さくなります。明るい木星をたよりに約8等級の海王星
を見つけ出す絶好のチャンスです。

1613年も木星と海王星が接近しており、ガリレオも海王星を目撃してい
たことが知られています。ガリレオは木星とその衛星を観測した際、海王星
を星として記録しているのです。海王星が惑星として発見されるのはずっと
あとの1846年のことで、ガリレオの時代は惑星といえば水・金・火・木
・土の5つでした。ガリレオは惑星として発見したわけではありませんが、
「最初に海王星を見た人」というわけです。

太陽系で最遠の惑星(海王星)と、最大の惑星(木星)。そのふたつの惑星
の接近には、ガリレオにちなんだ歴史的なエピソードがあるのです。

 

■注目のイベント紹介「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」

2003年5月に打ち上げられた日本初の小惑星探査機「はやぶさ」。
その使命は、小惑星に着陸し石を採取して地球に持ち帰ること。この挑戦的
な探査機がたどった波乱と冒険の旅を描いたドームスクリーン用の大型映像
「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」が、各地のプラネタリウム館で上映され
ています。
この作品の上映は世界天文年2009日本委員会公認イベントとなっています。

▽HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
   http://hayabusa-movie.jp/

▽上映館情報
   http://hayabusa-movie.jp/theater.html

 

★あとがき★

世界天文年といえば、望遠鏡。
巷にはいろいろな望遠鏡が出回っていて、あれこれ目移りしてしまうかもし
れませんが、中には「こりゃあヒドイ!」と思う製品があるのも事実です。
超高倍率、架台ゆらゆら、不親切な説明書、誇大広告、…
選ぶときには、値段だけで決めたりしないで、ぜひ世界天文年セレクション
を参考にしてほしいと思います。

使いこなせる望遠鏡を手にすることから、すべてが始まります。
よい望遠鏡で、楽しい人生を!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆
★世界天文年2009メルマガ 読者プレゼント企画第5弾★
   協力:大阪市立科学館
   http://www.sci-museum.jp/

注目の公認イベント「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」へご招待!

大阪市立科学館(大阪市北区)で「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」を
観覧できるご招待券(有効期限 2009年7月17日まで、平日のみ利用可、
1枚で2名までご入場いただけます)を抽選で5組様にプレゼントいた
します。

応募締切:5月17日(日) ※終了しました
応募方法:メールの件名(タイトル)を「プレゼントはやぶさ」とし、
メール本文に、
      □応募者氏名
      □郵便番号
      □住所
      □Eメールアドレス
      をご記入の上、下記アドレス宛にお送りください。
応募先 :mm-present@NO!!SPAM!!astronomy2009.jp (NO!!SPAM!!を削除)

当選発表は発送をもって代えさせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥☆

==============================================================
[発行]世界天文年2009日本委員会事務局 メルマガ編集部

▽お問合せはこちらから
http://www.astronomy2009.jp/ja/form/inquiry.html

このメールは、「世界天文年2009メールマガジン」を登録された方に
配信専用のシステムでお送りしております。
ご返信いただいてもお答えいたしかねますのでご了承ください。
不定期発行です。

配信先メールアドレスを変更されたい方は、
いったん登録解除してから再度登録してください。
▽メールマガジン
http://www.astronomy2009.jp/ja/mailmagazine.html
▽登録解除フォーム
http://www.astronomy2009.jp/ja/mm/mm-unsub.html