星空ブックフェアオンライン > 宙読み(ソラヨミ)書房 館内マップ > 館主の部屋

渡部潤一館主ごあいさつ
世界天文年2009日本委員会企画委員長
(国立天文台天文情報センター長)

「宙読み書房へようこそ」

 みなさんは最近、星空を眺めたことがありますか? 見上げるだけで、そこには本来、たくさんの星たちが輝いていたはずなのですが、都会ではなかなかお目にかかれなくなってしまいました。同じように、星空や天文学の本も、書店から消えつつあるように思います。でも、灯火の少ない場所に行けば、まだまだ天の川が雲のように夜空を横切り、星たちが昔と変わらずに輝いています。その美しさ、不思議さをもっと知ってほしい。まずは机上からでもいいので、もっと宇宙の謎に触れてほしい。そんな思いから、私たち世界天文年2009日本委員会は『世界天文年2009星空ブックフェア』を企画しました。

 星空ブックフェアオンラインは、その総合案内サイトです。図書館の雰囲気をイメージした内装にして、ちょっと洒落て「宙読み(ソラヨミ)書房」の表札を掲げてみました。館内には、日本委員会が選定した書籍の案内を中心に、さまざまな情報サービスがあります。

 実際の本屋さんの店頭では、全国の書店さんや取次ぎさんのご協力も得て、すでに4月から全国約400の店舗で星空ブックフェアを開催しています。これからさらに開催書店が増えて、1000店近い書店さんが、星空ブックフェアにご参加いただける予定です。店頭で日本委員会が公認した星空の、そして天文学の良書を手にとってみてください。店舗によっては、独自に選定された本が並んでいるかもしれません。もし気に入ったものがあれば、ぜひご購入の上、じっくりと読んで頂ければと思います。また、これから独自にフェアを開催したいと考えている書店さん向けのサービスも提供していきたいと思います(宙読みカフェのおしらせをご参照ください)。

 さらに、書店のブックフェア開催に合わせるように、全国各地の公共図書館や学校図書館などから、自主的な星空ブックフェアの開催報告が日々寄せられています。これは望外の喜びで、図書館向きの「星空ブックフェア」の楽しみ方、利用のしかたについても情報を充実させていきたいと思います(宙読みカフェのおしらせをご参照ください)。

 もちろん、星空ブックフェアの主役は、読者のみなさん一人一人です。この世界天文年を契機に、書籍の中の宇宙から実際の満天の星空へ、その無限の面白さと不思議さを体験して頂ければと思います。

渡部館主の 宙読みの一冊 10冊目 (12月25日掲載)

天体の回転について天体の回転について
コペルニクス/著 矢島祐利/訳
岩波文庫


 近代科学の名著としては、まず間違いなくあげられるのが本書でしょう。地球を宇宙の中心とする天動説の概念を覆し、太陽中心の宇宙論:地動説を提唱した著作でした。地球を宇宙の中心から引きずりおろすという離れ業は、後世に同様の概念の変革があるたびに「コペルニクス的転回」と呼ばれるほどの代名詞となっています。

 実際には、本書は全6巻からなり、地動説モデルだけではなく、当時の位置天文学や暦についての系統的な知識が網羅された重厚な著作です。今となってみれば、本書で述べられている惑星軌道は完全な円軌道であるなど、不完全な部分もあるものの、当時の世界観を覆したことには違いありません。

 また、本書の出版事情にまつわる様々な逸話も見逃せません。彼の元に押しかける形で弟子入りした数学の天才奇人レティクスが居なければ、もともと天文学者ではなかったコペルニクスが本書を出版することもなかったでしょうし、実は本書出版後も当初はほとんど信用されなかったことが、当時の書き込みからも窺い知ることができます。これらの事情を知るには、前者については、『コペルニクスの仕掛人』(デニス・ダニエルソン著/田中靖夫訳、東洋書林)が、後者は『誰も読まなかったコペルニクス』(オーウェン・ギンガリッチ著/柴田裕之訳、早川書房)が、お勧めです。

渡部館主の 宙読みの一冊 09冊目 (12月18日掲載)

星になったチロ星になったチロ
藤井旭 著
ポプラ社


 1970年代から80年代にかけて、日本中の星仲間の間で有名になった1匹の犬がいました。その名をチロといいます。世界的な天体写真家にして、名エッセイストの藤井旭さんの愛犬です。藤井さんが星を見るとき、あるいは天体写真を取りに行くとき、かならず随行するチロがいました。そして藤井さんたちの星仲間が福島県の吾妻ではじめた星祭りも、かならずチロがいました。70年代に山形に落下したと思われる隕石騒動の時にも、チロはその捜索隊長として加わりました。藤井さんのエッセイに登場するようになって、いつのまにか、天文ファンのアイドルになり、星祭りにはチロに会いに来る人も現れるほどでした。その人気が全国区になった頃、チロは天寿を全うしました。そのニュースは、朝日新聞などの全国紙のニュースとして報じれました。一匹の犬の死がこれほど大きく報道されるのは、おそらく南極のタロ・ジロ以来だったのではないでしょうか。

 本書は、チロの死後、飼い主である藤井さんが執筆した、チロをめぐるドキュメントです。といっても、犬が中心ではなく、あくまで星を愛し、星とつきあっていた藤井さんをはじめとする星仲間たちが、チロと共に繰り広げる、ほのぼのノンフィクションです。日食、星祭り、隕石落下など、当時の天文現象に熱い思いを寄せ、行動した星好き人の姿には、どこか懐かしさも感じられます。日本の星文芸作品の中では、ドキュメント性とストーリー性を兼ね備えた最高傑作です。

 蛇足ながら、この作品中には、当時中学生だった私も実名で登場します。その意味でも私にとっては忘れられない本として、私の本棚に並んでいます。

オリジナルフェア07「藤井 旭さんフェア」もあわせてご覧下さい。

渡部館主の 宙読みの一冊 08冊目 (11月26日掲載)

ミーナの行進ミーナの行進
小川洋子 著
中央公論新社


 流星群は、そのドラマチックな現象ゆえに、古来からしばしば小説の中でクライマックスといえる場面に登場します。フランス革命を描いたロマン・ロランの戯曲「獅子座の流星群」は、まさにその代表ですが、現代小説でも少なくありません。

 ですが、流星群に担わせる役割はさまざまです。最近、直木賞に輝いた北村薫「リセット」では、33年度とというしし座流星群の周期性に、時を越えた愛が投射されました。新田次郎の「火の島」では、降り注ぐしし座流星群を火山弾と誤認し、我が身の危険を振り返らずに救助に向かう場面で登場します。

 一方、1972年のジャコビニ流星群は、前評判にも拘わらず、まったく出現しなかったという事実から、全く異なった役割を担っています。コビトカバにのって学校に通う、体の弱いミーナと、主人公の心の交流が描かれる「ミーナの行進」。どこからが現実か、どこからがファンタジーか、そしてどこまでが作者の体験なのか、わからないという不思議な雰囲気の中で話が進む小川洋子さんのほのぼのとしたストーリーの中で、実現しなかったほのかな恋の思いを演出する後景として使われています。一応のクライマックスではあるのですが、それは緩やかな丘を登るような安心感さえ感じさせるものです。

 これから、どんな作家が、どの流星群を、どのように使うのでしょうか。天文 学者としては楽しみなところです。

オリジナルフェア08「小川洋子さんフェア」もあわせてご覧下さい。

   →バックナンバーを見る(01〜07冊目)