組織

世界天文年2009 世界組織の構成

 2009年を世界天文年とすることを提案した国際天文学連合(IAU)は、これを機に天文学の普及と教育のための全世界的活動を計画しており、IAU参加各国はそれぞれが国内委員会を置いて、多くの関連企画を立案・実行します。

 この国際的な調整のため、IAUには世界天文年2009ワーキンググループが設置され、また、世界天文年2009事務局がミュンヘン(ドイツ)にある欧州南天天文台(ESO)本部に置かれています。

世界天文年2009 日本の体制

 世界天文年2009の主要参加国である日本では、IAU世界天文年2009ワーキンググループ日本代表である海部宣男を委員長とする「世界天文年2009日本委員会」を組織し、日本学術会議(担当:物理学委員会IAU分科会)をはじめとする主要研究組織・研究所・大学のみならず、生涯学習や教育普及に関連する団体と幅広く協力しながら、世界天文年に向けたさまざまな企画準備を進めています。

日本学術会議 日本天文学会 国立天文台 宇宙航空研究開発機構 天文教育普及研究会 日本プラネタリウム協議会 日本公開天文台協会 天文学振興財団

世界天文年2009日本委員会

日本委員会は、世界天文年に向けて開催するさまざまな企画を遂行するため、主にその運営資金を確保する募金委員会と、関連団体と協力しながら日本の独自企画を立案していく企画委員会とを置いています。また、事務局を自然科学研究機構・国立天文台内に置いています。

世界天文年2009 日本委員会 構成員 (2008年12月現在)

日本委員会

募金委員会

企画委員会

(以上)