メッセージ

海部宣男日本委員会委員長からの、2009年末のメッセージ→「今年一年に感謝、そしてさらにすばらしい年を」

以下、2009年を迎えるにあたってのメッセージです。(2008年掲載)


ガリレオの驚きを、みんなの驚きに

海部宣男

 ガリレオ・ガリレイが、うわさの「望遠鏡というもの」を苦心して作り、それで宇宙を眺めたのは、1609年末といわれています。今から見ればおもちゃのような口径4センチメートルの望遠鏡で見たものは、驚きに次ぐ驚きでした。

 水晶の球といわれていた月には、円いクレーターがいっぱいでした。地球と同じような天体だったのです。不思議な「天の大河」だった天の川は、無数の星の集まりでした。木星には4つも月が回っていました。科学の歴史で最大の発見をしたガリレオの驚きと興奮は、彼がすぐに書き上げた『星界の報告』で、ありありと読むことができます。

 発見は、新しい謎を呼びます。ガリレオが解き明かした宇宙は、400年後のいまも続いている、宇宙の謎の探求の始まりでした。人間の宇宙は、望遠鏡の発達とともにどこまでも拡がって、私たちは137億年前のビッグバンに迫り、第二の地球を大型望遠鏡で探しています。

 望遠鏡による宇宙探求の扉を開いたこの観測から400年を記念するのが、「世界天文年2009(International Year of Astronomy 2009)」です。国際天文学連合(IAU)が中心となり、天文学と科学に関する行事を世界中で、さまざまな規模やかたちで、展開します。すでに100を超える国々で準備がはじまっていますが、日本では研究・教育・普及など全国の幅広いメンバーによる「世界天文年2009日本委員会」のもとで、楽しい企画が続々と提案・検討されています。

 ガリレオの驚きを、みんなの驚きに。尽きない宇宙の謎を、みんなのものに。そして、子供たちが本来持っている自然への興味と科学への関心を応援し、育てたいと思います。皆さんも、ぜひご参加ください。

海部宣男 (かいふ・のりお)
(放送大学教授/日本学術会議会員/前国立天文台台長)