|天文学&宇宙論の本棚天体&宇宙探査の本棚星空観測&観望の本棚子ども&入門の本棚歴史&読み物の本棚写真集&事典の本棚著者名からさがす

歴史&読み物の本棚

江戸の天文学者星空を翔ける 幕府天文方、渋川春海から伊能忠敬まで

江戸の天文学者星空を翔ける 幕府天文方、渋川春海から伊能忠敬まで

知りたい!サイエンス 032


中村士 著
【出版社】 技術評論社
【出版年月日】 2008年6月
【ISBNコード】 9784774135151
【税込価格】 1,659円

江戸時代、天文学は数学とならんで独自の研究が発展していました。本書は天文方の渋川春海から伊能忠敬まで、当時天文学はどこまで進んでいたのか、観測はどうやって行われどこまで分かっていたのか、歴法はどのような変遷をたどったのかを追います。そして使われていた望遠鏡や観測機器、星図、民間学者など、いろいろな角度から当時の天文学に迫ります。